小説版エイジ・オヴ・シグマ―、初邦訳!

アズィルの門

  • ウォーハンマー

かつて人類が繁栄を謳歌していた、“焔の領域”アキュシーは人肉を食らう渾沌の勢力に永らく支配されている。“血の神”コーンを奉じる彼らの最大の喜びは戦いそのものだ。戦いのために戦い血のために血を流す彼らは“血の神”コーンに捧げる髑髏で赤のピラミッドを今まさに完成させようとしていた。そのための獲物を追い求めて荒れ果てた地を疾駆するブラッドウォリアーの長コルゴス・クールは残忍さも狡猾さも群を抜く存在だ。だが地獄の如き荒野にもまっとうな人類は生き残っていた。昔は渾沌の勢力にも果敢に立ち向かった人類だったが、しかし今やその人数はわずか、ただ逃げ続けること、生き延びることが彼らの人生であり、死しか救いがない状況だ。そんな中、戦士の魂を保つ女カルヤはルーンが刻まれた謎の遺跡に出会う。一方その頃、遙か天空のアズィルの会堂では神王シグマーの意を受けた戦士たちが集結していた。生死をも司る威力を有するクリプトボーンことイオヌス、空を飛び雷撃を放つプロセキューターのアナクトス兵団の指揮を執るのは強大なウォーハンマーを操るヴァンドゥス。しかし各々の無限の過去には深い傷があった。彼らもまたあの謎の遺跡に向かうのだ。その謎は来たるべき激戦の中で解かれるのだろう…。ミニチュアゲーム最高峰シリーズ、小説エイジ・オヴ・シグマー初邦訳化!!

出版開始日
2019/3/15
販売価格
¥1200+税