「私はあの場にいた。ホルスが皇帝を殺した日に……」

ホルス・ライジング(上)

  • ウォーハンマー

30年以上の歴史を誇る
ミニチュアゲーム最高峰シリーズ
「ウォーハンマー」。
一大イベント「ホルスの大逆」の前日譚がついに紐解かれる!

沈むことなく登り続けられる星など、果たしてありうるのだろうか?

まだ皇帝が健在であった時代。総主長(プライマーク)であり大元帥(ウォーマスター)、類稀なる才覚を持つホルス・ルペルカル率いる第六十三遠征艦隊は、「我こそが皇帝である」と名乗る者と、彼の座す惑星に遭遇する。
それは長きに渡る人類の離散の結果生まれた、〈人類の帝国〉(インペリウム・オヴ・マンカインド)とは異なる政治体系だった。
彼らの鎮圧と〈帝国〉(インペリウム)への帰順のため遣わされたガルヴィエル・ローケンは見事「偽の皇帝」を退け、ホルスの右腕とも言える「四君子」(モーニヴァル)への参画を果たす。
しかし反抗の芽は、完全に潰えたわけではなかった…
再び出撃するローケンの前に、本当の「恐怖」(テラー)が立ちはだかる——

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ原作者の一人、ダン・アブネットが描く、ベストセラー小説が上下巻でついに登場。

ISBN:978-4-909434-82-1

2020/9/6
Amazonの「ホルス・ライジング(上)」ですが、Amazon様販売分に発送遅れが発生しているようです。
弊社販売分はそれよりも早く発送可能、在庫も潤沢、送料も無料です。
出品者「株式会社フェーズシックス」をお選びください。

出版開始日
2020/8/31
販売価格
¥1700+税